汽車を追いかけて

北海道の汽車や、風景を追い続けるブログです。時々フォークソングやラジオも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しみじみと・・・

こんな夜更けにしみじみと拓郎さんの歌を聴きながら・・・更新です。

今日は、このままだとダムに沈みゆく文化財。夕張市の三弦橋を紹介します。

※現在はダム建設に伴う国道の架け替え工事が行われ、見ることは困難になってきています。ちなみにこれからお見せする写真は、架け替えの5日ほど前の12月11日に撮影したものです。

その昔夕張にはたくさんの炭鉱が存在し、それに伴った炭鉱鉄道。また、夕張岳登山や、木材の輸送のための森林鉄道が存在していました。

そのうちの1つ、大夕張鉄道と夕張岳森林鉄道の消えゆく橋をご覧いただきます。
シューパロ湖上に浮かぶ、世界的に珍しい三角形のトラス鉄橋
IMG_5207_convert_20120428001840.jpg

もっと拡大してみると三角形がよくわかります。
IMG_5208_convert_20120428002003.jpg
数十年間このままなので、朽ちてはいますが、まだまだそびえたっています。

またこの辺りでは、昨年NHK BSで放送された、火野正平さんの「こころ旅」でも心の風景の地区の一つとして紹介されていました。

近くには大夕張鉄道の線路後のトンネルも存在し、湖奥には三弦橋から続く鉄路の鉄橋も確認できます。
IMG_5210_convert_20120428002247.jpg
IMG_5234_convert_20120428002517.jpg

なお国道452号線を桂沢湖方面へ進むと、左手にまたもや大夕張鉄道の鉄橋が見えます。
IMG_5271_convert_20120428003900.jpg
この落差・・・怖かったですが、その分迫力が感じ取れます。

ちなみに、ここの元住民の方の話(とあるサイトなどで拝見しました)によると、列車がまだ走っていた時代に、客車のドアを開けて、子供たちが客車の手すりにつかまり、外へ出てぶら下がる度胸試しを行っていたという伝説?!が残っています。

なおも進むと新国道も姿を現してきます。
IMG_5275_convert_20120428004154.jpg

時間も時間になり、札幌へ帰ることに。2013年度?に完成予定のシューパロダムの様子を
IMG_5293_convert_20120428004251.jpg
このダムの向こう側に、住んでいた住民と炭鉱マンや数知れない人々の思い出が水に沈もうとしています。

これだけで十分の旅ではあったのですが、夜空も撮影したい願望よりちょっと夜空もご覧いただきます。
IMG_5313_convert_20120428004719.jpg

千歳の近くで撮影したものなので、飛びゆく飛行機の航路も伺えます。
IMG_5318_convert_20120428005000.jpg

補足ですが、現在夕張市に、三菱大夕張鉄道保存会の方々などが三弦橋の保存などを呼びかけています。
日本の建築構造としても、世界の建築構造的にも珍しいものですので、これからも残っていくように祈るばかりです。

それではまた・・・よい大型連休をお過ごしください。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/28(土) 01:00:02|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<やっと来た来たSAKURA! | ホーム | はやいもので1年>>

コメント

さだまさしファンとしては直ぐに「水底の町」が浮かびました。

貴重な写真を見せて下さってありがとう。
撮影も大変だったでしょう。

かつては賑わってた町が、時代とともに消えていくのを見るのは何か切ないですね。

長崎にも軍艦島というのがありますが、今は廃墟になってしまった町もそこが故郷だという人がいるのですから、寂しいですよね。
こんなに貴重な建造物ならば何とか残せないものでしょうか?
別の場所に移すとか・・・・

まだまだ北海道には様々な自然や、文化や北国独特の生活の様子や、見せていただきたいものが沢山ありそうですね。

今回もありがとう。
そしてもうすぐお誕生日だね。
ひとつ年を重ねてもまださださんの4分の一ですんね。わか~~~い!!
  1. 2012/04/28(土) 23:00:19 |
  2. URL |
  3. こういちまま #-
  4. [ 編集 ]

v-456こういちままさんこんばんは

大変遅い返信申し訳ありません。

北海道だけでなく日本全国で同じように、栄枯盛衰を感じることができますが、
炭鉱などの跡地にはなぜか強い思い入れがあります。
それは蒸気機関車にかかわる身のせいなのか、ハッキリはわかりません。

今では撮影するにも許可がいるようになってしまったこの三弦橋とその他の建造物が、現在の場所で見られるのも後1年程度かもしれません。
いつまでも残っていてほしいものであります。

お祝いメッセージありがとうございます。
こうして祝っていただけるだけで幸せです。

またこれからもよろしくお願いします。
  1. 2012/05/05(土) 00:13:10 |
  2. URL |
  3. 風見鶏 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kimama430.blog137.fc2.com/tb.php/114-a3d65fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2プロフ

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (11)
さだまさし (15)
SL (3)
C11 171 (16)
C11 207 (5)
風景・動物 (6)
日記 (27)
フォークソング (8)
ラジオ (2)
音楽 (1)
北海道 (21)
災害・応援 (6)
グルメ (2)
北の国から (2)
貨物 (13)
投稿動画 (3)
鉄道 (0)
札沼線 (2)
函館本線 (6)
室蘭本線 (0)
千歳線 (5)
石勝線 (0)
根室本線 (2)
留萌本線 (0)
宗谷本線 (0)
石北本線 (0)
富良野線 (0)
釧網本線 (1)
日高本線 (0)
海峡線 (0)
江差線 (0)
鉄道全般 (3)
711系 (1)
カシオペア (0)

月別アーカイブ

FC2ブックマーク

FC2ブックマークに追加

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。